【複数もっておきたい収入源】種類って何があるの?私が危機感を覚えた話

友人との飲み会では
「給料いくら?」「年収どれくらい?」
の探り合い。

みんなお金の話が大好きw

でも年収聞いてもピンとこないから「手取りは?」と聞くお決まりのパターン。

大体は会社からもらう給料のことだけを聞くし、そう答えるよね。

世間的にも
年収=給与収入のイメージ

でも、年収って「一年間の収入の総額」のことで、給与だけのことではない。
他に収入があった場合も、年収にその収入を入れてOKなはず。

ていうか、
会社からの給料以外にどうやってお金を増やせばいいの?

…と、疑問に思ったので
まずは所得の種類から調べてみることにしました。


目次

給与以外の収入って何があるの?

マネーリテラシーのない私が真っ先に思うことはコレでしたw

調べたところ
私たちの所得は10種類に分類されます

給与所得:給料や賞与
不動産所得:土地や建物を貸すことで発生する所得(家賃とか)
配当所得:株式の配当など
利子所得:預金や債券の利子など
事業所得:自由職業などの自営業で発生する所得
⑥退職所得:退職金など
⑦山林所得:山林を伐採、譲渡にしたことによる所得
⑧一時所得:賞金や懸賞当せん金など
⑨譲渡所得:資産を譲渡したことによる所得
⑩雑所得:↑これらに当たらない所得(年金とかも)


え、ちょっと待て。10個もあるの?

ほとんどが一時的・臨時の所得だけど、↑太文字にした給与、不動産、配当、利子、事業の5つは繰り返し得ることができる収入。

私は…もちろん1つしかない。ドヤ

給与・不動産・配当・利子・事業…あなたの所得はどれ?

え、10個もあるのに私「給与」しかないじゃん。

山林所得って何だよ、初めて聞いたよ

預金してるから年間で数百円くらいは利子がもらえるかもしれないけど…

生活のたしになるほどの額ではないし、やっぱり「給与」しかない。


今まで、給与以外の収入源を増やそうなんて思ったこともなかった

「休日にどこかでアルバイトをするしか収入増えないなー」なんて考えてたくらい。

でもこれはあくまで自分の労働力ありき

当たり前ですが、「給与所得」は自分が働かないと得ることができないですよね。

残業をする=労働を増やすしかない。

働けなくなったら収入はなくなるし、定年退職した後は年金で生きていくしかなくなっちゃうんだよなー

では、どうするか

「給与」は10個の所得のうちの、たった1つにすぎない!

今は頑張って定年まで勤めても、年金は少ないと言われる時代。

じゃあ
一生懸命働いて、ちょっと給料上がって、残業して、ちょっと給料上がって…を繰り返す?


私は知っている。一生懸命、社畜として馬車馬のように働いた結果、うつ病とパニック障害になり、半年くらいの記憶がぶっ飛んだ人を。

私だ。

あれから転職をして今はホワイト企業にいるものの、今後も本業だけで稼いでいくには限界がある。(もちろん転職も視野に入れている)

「給与所得+○○所得」で、今よりもっと気持ちに余裕ができるかもしれない。

↑これが投資を始めるきっかけになったのであーる!

まとめ

ほとんどが一時的・臨時の所得だけど
給与・不動産・配当・利子・事業の5つの所得は繰り返し得ることができる収入。

・年金少なってるのに、大丈夫?
・所得は10種類もあるのに、給与所得だけしかない!


↑良くも悪くも「お金」に対して興味がなかった私が貯金のコツをつかんでからは、収入を増やす・貯蓄をする・お金を増やすということが「心に余裕を持つことができる素晴らしいこと」と素直に思えるようになりました。

だからこそ第2・第3の所得を増やして、今より気持ち豊かに過ごしたい!


私の「心豊かに生きるための冒険(勉強)」は、まだ始まったばかりだ!!!!

次回、投資編(たぶん)

TO BE CONTINUED…

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる