【大人バレエあるある5選】しんどい!でも最初は誰でもこうなる!

長いブランクを経て、
30代でバレエを再開したえりかです。

初めてのバレエは困難もさまざま!

大人になって初めてバレエを始めたという友人も、ブランクの長いバレエ経験者(私)も同じ「大人バレエあるある」を紹介!

みーんなあることだし、
「へえ、なるほど」と思って読んでいただければ嬉しいです!

目次(タップして飛べるよ)

大人から始めるバレエあるある5選

①確実に足をつる

バレエは、普段では使わない筋肉を使います。

初めてのバレエでは足を伸ばしただけでつる可能性も!

バレエのウォーミングアップですらしんどいので

ウォーミングアップのウォーミングアップをおすすめします!

はいぃ!?

がっつり屈伸や、手首足首まわしは念入りに行ってからレッスンに臨みましょう!

②「自分の身体が」思ってたんと違う

レッスン教室は、自分の全身が分かるように鏡貼りのところが多いです。

ふと鏡の自分を見ると、

イメージしているポーズに全くなっていなかったり
足が全然開かなかったり、

もしかしたらガッカリするかもしれません。

思ってたんと違うぅ!

他人とつい比べてしまうかもしれません

が!

イメージしたポーズと実際のポーズを知ることは非常に大切です!

がっかりせずに、
むしろ「なるほど」と喜びましょう!

大丈夫!
楽しむことが一番なんですから。

③フリが覚えられない

最初は当たり前!

最初は「バーレッスン」から始めることが基本ですが
初めての方は姿勢を気にしたり、足を伸ばしたりすることに頭が回らないもの。

きっと先生もサポートしてくれると思いますが、
堂々と周りの方のマネをしてください!

何度もレッスンに参加するうちに、
その先生の「フリのパターン」が分かってきたり、フリの順番よりも自分の身体に意識が集中するようになりますよ!

④専門用語が覚えられる気がしない

大丈夫!

ほぼフランス語だし!←

慣れてくると言葉の響きで動きがイメージできるようになるので

最初のうちはポーズやフリだけに集中すればOK!

⑤全身筋肉痛確定

これは次の日のお楽しみですねえ…

もうね、
「なんでこんなところが⁉︎」

ってか

ほぼ全身が筋肉痛になるはず。

もう受け入れよう♪

バレエあるあるも、楽しもう!

  • 足をつる
  • 自分身体が思ってたんと違う
  • フリが覚えられない
  • 専門用語わからない
  • 全身筋肉が痛

これらは全て、バレエあるあるです。

戸惑うことも多いかもしれませんが、みんなそこから始めています。

バレエ経験者の私でさえ、

レッスン中は周りをキョロキョロ(フリを忘れる)、足をつってレッスン中に悶絶する。

それでも楽しくて張り切って、次の日は全身筋肉痛(嬉しい悲鳴ですね)。

せっかく始めたのだから、いっそそれも楽しみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次(タップして飛べるよ)
閉じる