【ハンド ブレンダー】ブラウンとブルーノを比較!どっちがいい?

私はかぼちゃ、かぶ、コーンなどのスープが好きなのですが、

ミキサー無しで作っていたので
めちゃくちゃ時間かかってました…。

これはいかん!!

ということで、小型でパワーのあるブレンダーを購入することに。

そこで悩んだのがブルーノブラウン


結論、私は
ブラウンのブレンダーを購入しました!

この記事では、ブルーノとブラウンを比較して何がブラウン購入の決め手になったのか、お話します!


目次

ブレンダーとミキサーは?
どっちがいい?

ハンドブレンダーは手に持って使用する、ハンディタイプのミキサー。

↑このブレンダー単品では「混ぜる」「潰す」が可能で、さらにアタッチメント(付属部品)があれば「刻む」「泡立てる」等、多機能で魅力的!

ミキサーやフードプロセッサーだと
保管するにも、使うにも、場所を取るから1人暮らしの狭いキッチンにはちょっと不向き

それに比べてブレンダーはコンパクト

鍋に直接入れて使えるし、楽ちん!あと、洗うのも簡単!

ブルーノとブラウンのスペックを比較してみた

価格、重さ、コード長

ブラウン

重さ(ブレンダー):890g
コード長:約1.2m

ブルーノ

重さ(ブレンダー):570g
コード長:1.5m


重さは断然ブルーノの方が軽くて使いやすそう…

値段もブルーノの方が安い!

コードも長い方が絶対いいよね…

これはブルーノに決まりなのか…⁉︎

ブラウンとブルーノの耐熱温度は?

ブラウンの取扱説明書(ネットで確認)
によると

火にかけた食材(80℃以上)は、あら熱が取れるまで冷ます

…と、記載してありました。

そして

「ブレンダー使用時の耐熱温度は100℃」

とも。

つまり、
100℃までOKだと理解した。


ブルーノは、耐熱温度の表記がどうしても見つけられない。

「鍋の中で使うときは鍋を火からおろし、粗熱を取ってください。」

とだけ。

…ってことはたぶん

ブラウンの方が熱い鍋に入れてもOK!って思って

私はスープ作りがメインとなる予定なので

これが決め手となり
ブラウンにしよう!って決めました

私はブラウンのブレンダーにしました。
耐熱温度が決め手!

確かに
安くて、軽くて、コードが長いのはブルーノでしたが、

耐熱温度が決め手となりブラウンの購入を決めた私。

アタッチメントのホイッパーも良い!

泡立てるのにめちゃくちゃ時間がかかっていたメレンゲや生クリームも、簡単に♪

料理がもっと楽しくなりました!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる