バイト先のメンヘラビッチ女につきまとわれた話 その①

あれは大学生の頃、アルバイト先のスーパーにて。

仕事もそこそこ出来る様になったが、気になることが1つあった。

同じスーパー内のお花屋さんの子(女性)に
めちゃめちゃ見られている。


目が合うと、笑うでもなく
露骨にプイっとして、どこかに行ってしまう。

なんだなんだ?違う部門なのに、もう私嫌われてんのか?

と、思いつつも仕事に励んでいた。


スーパーの閉店作業中、その女の子の事をバイト仲間に聞いてみると

あの子、うちの部門のKさん(バイトリーダー)の彼女らしいよ

Kさん(リーダー)の彼女!

あ、じゃあ私じゃなくてKさんのことを見ていたのかもしれない!


だってまさか、
お花屋さんの女の子が変な子だとは思わないじゃないですか!


とはいっても、相変わらず視線を感じる。

やっぱり目が合ってプイッてされてる!

そこで、ひらめいた

きっと私がKさんにちょっかい出すかもしれないって警戒して、確認しに来てるんだ!

そう思った私は
てかKさん全然タイプじゃねーし
Kさんと違うシフトに入るよう調節。

  • シフトがかぶっても、仕事の話以外はしない
  • なるべく2人きりにならない
  • 話しかけられたら、なるべく別の人に話題をふってその場を離れる

多少のやりずらさを感じながらも、
徹底していました。


女って怖いからね★


でも、ある時
Kさんとシフトがかぶってしまった。

しかもあろうことか、2人きり

ガッデム!!!

花屋の子もシフト入ってるじゃん!!


ガッデム!!!


でも仕事は仕事。

2人だけでも、なんとか仕事を終えることができました。

そこで気が緩んだのか…

Kさんの冗談話がおもしろくて、
つい爆笑してしまったんです。

自分のゲラさを憎みました。

ハッ!


だって、見てたんだもん。

花子(仮)、私たちのこと
見てたんだもん!


そして、やはり、というか何と言うべきか

花子に話しかけられたのです
(Kのいないところで)

あのさ

(ひいいいいっ!!!ごめんなさいごめんなさいごめんなさい)

花子18歳

メアド教えて?

えりか21歳

あっ!はい!
これです!


…って!違うだろ!!

私の大ばかやろう!


なんで簡単に教えちゃうんだよ…


To be continue…
その② へ続く)

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる