MARIA RUDMAN[マリアルドマン] ブレスレットの魅力!

みなさま、ごきげんよう。
えりかです。

もう自分でもキャラが掴めずにいます。


突然ですが、今日は
買ってよかった!と思うアイテムを紹介したいと思います。


指輪やブレスレット、バングルなどのアクセサリーはコレ!というものを使い続けています。

ピアスはプチプラが多いよ〜


その中の1つが
MARIA RUDMAN [マリア ルドマン]
のレザーブレスレット!

目次

マリアルドマン レザーブレスレット

すごく気に入っていて毎日付けています!


「欲しい」と1年間思い続けて、購入!

あ、ごめん
毎日付けてるというのは嘘です。

MARIA RUDMANはパリのブランドで、このブレスレットはサーミ人という先住民族の「伝統刺繍」で作られた手工芸品。

サーミ人にありがとうを言いたい。
言おう。

マリアルドマン ブレスレットの特徴:留め具


またこれが美しいんだよ…

トナカイの革で作られていて


この留め具はトナカイの角!素敵すぎる。
(トナカイと共存している民族なんだって!)


セレクトショップの店員さんも言ってたけど、使い込めば使い込むほど革の色が深くなって味が出てくるよ!


そのブランドの歴史とか、背景を知るとますます好きになる。

値段はちょっと高いんだけど
長く使えるものだから…いい!


これ1本でも充分おしゃれなんだけど
重ね付けも◎
コチラの記事で、このアクセサリー3本セットの紹介もしています)


もっと太いデザインもあるけど、私はこの細さがベストかな!


プレゼントはもちろん、自分へのご褒美にぜひ






よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる